お盆の迎え火、送り火とは?やり方や注意点のすべて!

お盆って何をすればいいの?知っているようで知らなかった、迎え火送り火を簡単に説明します。昨今ではマンション住まいも多いはず。そもそもマンションで送り火や迎え火はやってもいいのでしょうか?

SPONSORED LINK

日本には古くからの伝統がたくさんありますよね。迎え火や送り火もそのうちのひとつ。
日本人として何も知らないのは恥ずかしい!
そう思った私は、せっかくブログを運営していることもあり、調べて記事にしてみることにしました。

意外とやってはいけないことなどがあり、興味深いものでした。

お盆の迎え火、送り火について

japan-477827_1920

お盆の迎え火とは?

お盆とは年に一度、亡くなった家族やご先祖様の霊が家へ帰ってくる日とされています。家族は帰って来る目印として迎え火をたくようになりました。

古くはお客様や精霊を迎え入れるためにも、迎え火は使用され、結婚式やお葬式にもたかれていましたが、今では、お盆の時にたくのがほとんどです。飲食店などでかがり火をたいているところがありますが、その名残でしょう。

お盆の送り火とは?

迎え火とは反対に、お盆に帰ってきたご先祖様の霊をあの世へと送り出すために、たかれるのが送り火です。ご先祖様の霊に家族がいつまでも見送っていることがわかるようにたきます。

家庭の玄関先でたかれるものから、京都の五山送り火や奈良の大文字送りなど、大掛かりなものまでを送り火といいます。地域によっては精霊流しなども送り火として行われています。

SPONSORED LINK

迎え火、送り火の日にちは?いつ、何時にやる?

お盆の期間は地域によって異なりますが、7月13日~7月16日のところと、8月13日~8月16日のところがあります。

13日の迎え盆夕方に迎え火をたき、15日の夕方または16日の朝に送り盆の送り火をたきます。

迎え火、送り火のやり方

matchstick-20237_1920

それでは、迎え火と送り火のやり方についてお伝えします。

ステップ1 迎え火

13日の朝までに仏壇を整え、盆棚を用意しきれいにしてご先祖様をお迎えする準備をします。

夕方暗くなるころに家の玄関口などで焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上にオガラをのせ、火をつけて燃やします。オガラとは麻の茎の皮をはぎ取った物です。この火や煙を目印にご先祖様は家を目指して帰って来ると言われています。

また地方によってはなすときゅうりを供えます。オガラや割りばしなどで4本の足をつけ飾ります。きゅうりとなすはご先祖様の乗り物で、きゅうりは馬、なすは牛を表しています。ご先祖様が早く戻ってこられるように馬に乗ってもらって、帰りは少しでもゆっくり帰るよう牛を用意するのです。

ステップ2 送り火

お盆の間中、家でゆっくり過ごしてもらったご先祖様にもお盆の終わりには帰ってもらわなくてはなりません。そこで、 迎え火をたいた同じ場所で、今度は送り火をたきます。たき方は迎え火の時と同じでかまいません。

地方によっては、家族総出で提灯を持って、お墓までご先祖様をお迎えに行き、ろうそくをつけ、お線香をたきます。そのろうそくの火を提灯に移してその火を絶やさないように家まで帰ります。その火をオガラにつけて燃やし迎え火とします。送り盆もやはり家族総出でお墓までお見送りに行きます。

知っておきたいこと

お盆のお供えには五供という決まりがあります。香(こう)・花・灯燭・浄水・飲食(おんじき)この5つを供えます。

食べ物のお供えとしては迎え団子や送り団子があります。一般的におはぎなどを毎日お供えします。そして盆花もお供えしなくてはなりません。

花の種類は キキョウ、女郎花、山ナデシコ、ミソハギ、山百合などの秋草を飾ります。昔は13日の早朝に、山に花を摘みに行って盆棚に備えていました。今では故人が生前に好きだった花を飾るのもいいでしょう。

わたしは子供のころから、お盆に迎え火や送り火を見たことがなかったのですが、宗派によっても、風習は違うようです。

うちは浄土真宗でしたので、ご先祖様は極楽浄土に行ってしまったので、この世には帰ってこないという教えがありました。ですからお盆は提灯をつけて、仏壇に手を合わせて、仏様とご先祖様に感謝の気持ちを捧げる、というものでした。

japan-942210_1920

マンションに住んでいる場合、どうすれば良い?

今の時代、都心住まいの場合はマンションが多いですよね。

では、玄関口で迎え火や送り火のたけないマンションなどはどうすればいいのでしょうか?

人によっては灰皿を使って、少しのオガラをたく家庭もあるそうですが、盆提灯のお飾りがあればそれでお迎えすることができます。儀式とはいえ、やはり気持ちが一番大切ですから、こだわり過ぎなくて大丈夫です。

注意!やってはいけないこと

やってはいけないことはあるのかな?っと思って調べてみると…意外と知らないとやってしまいそうなことがありました!それでは注意点を紹介します。

  • 殺生
  • お盆には昔から殺生をしてはならない、という言い伝えがあります。魚釣りなどのレジャーや昆虫採集はもちろんのことながら、肉や玉子を食べることも避けるように言われてきました。現代ではこの習慣も薄れてきました。

  • 水遊び
  • 海や川、池での遊びを禁じてきた家庭は多いです。地獄の釜の口が開くから、悪い霊に足を引っ張られるなどといった迷信がありますが、お盆の時期は季節の変わり目で水難事故が多いのも現実です。土用の波や離岸流が発生し、クラゲが増え始めます。そんな危険を避けるために子供を戒めた言い伝えだと言われています。

  • 結婚式
  • お盆は、ご先祖様の供養をすることが優先されることから、その期間に多くの人に集まってもらう結婚式をするのは非常識ととられるでしょう。若い人にはそのような感覚が無くなってきていますが、一般常識として覚えておきましょう。

まとめ

現代ではマンションで生活する家庭も増え、都市部ではオガラなんてたいたら、条例違反で罰則となってしまいます。日本の風習として大切にしたいですが、なかなか昔ながらのお盆をすることはできません。

ですが一番大切なのはご先祖様に手を合わせて、感謝するということ。今、生かされていることにこの時期あらためて謙虚な気持ちになりたいですね。

SPONSORED LINK

関連記事

サマーランドの混雑状況とは?9月がおすすめ!

サマーランドのプールへ行ったことはありますか? 毎年、夏はたくさんの客で賑わう都内でも人気のスポッ

記事を読む

食中毒の潜伏期間ってどれくらい?知らないと怖い予防法!

この時期、お腹が痛くなると食中毒かな?って直近で何を食べたか思い返しませんか?でも、食中毒の潜伏期間

記事を読む

危険!夏型過敏性肺炎を予防するための注意事項

暖かくなってきたこの頃。なんだか、最近咳が続く…風邪だろうか?まさか肺炎?! いいえ、実は夏場限定

記事を読む

今年の夏は冷夏?それとも猛暑?

今年の夏は猛暑?それとも冷夏?? どんな夏になるのでしょうか! 桜が散った後、ゴールデン

記事を読む

新盆・初盆の時期やマナー、知っておきたい注意点とは?

新盆や初盆という言葉を聞いたことがありますが、実際にどういう意味なのでしょうか?? 気になったこと

記事を読む

高速道路の混雑予想と知ってるとお得なアプリ【2016年】

ゴールデンウィークやお盆の高速道路。 大渋滞に巻き込まれるとまさに地獄です。。 トイレも

記事を読む

熱中症対策に重要なのは食べ物や飲み物!

お盆にデートで外を歩くと、容赦ない太陽に体力を奪われてふたりでぐったり…なんてこと、ありますよね。真

記事を読む

エアコン水漏れの原因と解消する方法!

夏になるとエアコンはフル活動ですよね。そんなエアコンに異常が発生したら…汗 命の危機を感じますよね

記事を読む

平塚七夕祭りin2016!日程と見逃したくない行事!

日本の中でも3大祭りのひとつに数えられるほど有名な湘南の平塚七夕祭りは、昼と夜とで違った顔を見せると

記事を読む

2016梅雨の時期は?雨でも楽しめる過ごし方3選

さわやかな5月が過ぎると梅雨シーズン到来です。じめじめとして、お出かけがおっくうになりがちですが、飲

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドラゴンクエストヒーローズ3は発売する?登場キャラクターを予想!

ドラクエ11が発売される2017年。期待が高まるなか、ドラゴンクエスト

2017年のうるう秒って実際どんな影響があるの?

2017年1月1日午前9時直前に行う予定のうるう秒ですがどんな影響があ

なぜジョジョの実写は公開前からファンから批判されるのか?

ジョジョの奇妙な冒険の実写映画化が決定しました。実写化されるのは4部の

部屋干しのエアコン活用はドライが最強!素早い乾かし方を徹底解析!

最近、会社の先輩と洗濯物の話になりました。私は完全に部屋干し派なのです

部屋干しの臭い!原因を解明してばっちり解決

綺麗に洗った洗濯物なのになんだか臭いがする、なんてことはありませんか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑